余後良好であったものの受傷内容の甚大さを主張して慰謝料を増額し、約353万円の賠償金を獲得した事例

外傷性肝損傷

後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
外傷性肝損傷
右大腿骨骨折等
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約224万円 約353万円(差引支払額) 約130万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者がバイクを運転していたところ、相手方車両との接触で受賞するという事故態様でした。
依頼者は、右大腿骨骨折、肝損傷等の傷病を負い、一定期間の入通院治療を受けることとなりました。
幸いにも、依頼者の余後は極めて良好であり、血液検査の数値は正常値に回復し、骨癒合も順調でした。
症状固定を経て、事前認定を受けた結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。
その後、相手方から賠償案が提示されたものの、依頼者は賠償案が適切な内容か否かの判断がつかず、専門家による助力の必要性を感じられたとのことで、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、相手方の賠償案を検討したところ、既払い分を除いて約224万円を支払う内容でしたが、慰謝料を中心に増額の余地があるものでした。
そこで、担当弁護士は、入通院慰謝料は弁護士基準に照らして算出されるべきであり、さらに本件は予後こそ良好であるものの、受傷内容は甚大であるから、慰謝料増額事由があると主張しました。相手方は、退院後の通院頻度が極めて少ないから弁護士基準に照らしても高額にはらならない等と反論してきたものの、当方提示額で押し切りました。
また、後遺障害慰謝料も弁護士基準で押し切り、約110万円を認めてもらいました。
最終的に、1割の過失相殺による減額がありましたが、既払い分を除いて約353万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧