血縁上の父兄だが、法律上の親族ではない遺族に慰謝料の支払いが認められた事例

過失割合

被害者の状況:
死亡事案
争点:
近親者の慰謝料
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示なし(支払い拒否) 1000万円以上 支払いが認められる
過失割合 3対7 15対85 より有利になるよう修正

交通事故事件の概要

本件は、20歳代の若者であった被害者が、バイクで通勤中に、工場の敷地内に路外進出しようとしていた相手方車両と衝突し、死亡したという事案でした。
被害者は、2歳の頃から、血縁上の父及び兄と同居していましたが、父が認知をしていなかったため、依頼者である父及び兄との間に、法律上の親族関係がありませんでした。なお、被害者の母は、遠方で生活していました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

交通事故の場合の慰謝料については、一般的に、①被害者本人に死亡慰謝料が発生し、それが法定相続人に相続される、②法定相続人その他の近親者には、固有の慰謝料が発生する、との考え方が取られています。裁判例上、①の慰謝料は、2000万円を上回ることも少なくありませんが、②の慰謝料は、数十万円~数百万円に留まることが一般です。

しかし、本件のように、被害者が、幼少期から、法律上の法定相続人以外の者に育てられているような場合、②の慰謝料のみしか認められないとなると、慰謝料の額が、不当に低く評価されることになってしまいます。弁護士は、そのような結論はおかしいと考えて、被害者の幼少期からの生活状況を、細かに主張立証しました。

その結果、裁判所から、自賠責の慰謝料支払い基準(被害者本人分350万円、遺族2名の場合650万円との定め)を参考に、裁判基準の慰謝料額を、35:65で、母(法定相続人)と、父(法定相続人ではない)に分配することを内容とする和解案が提案されました。被告側保険会社においても真摯なご対応をいただき、結果、上記和解案を骨子とし、依頼者2名が計1000万円以上の慰謝料を得ることを内容とする和解が成立しました。

なお、過失割合については、相手方の前方不注視を重く評価し、15:85との過失割合で、和解成立となりました。

本事案は、極めて例外的な事案ですので、他の案件に直ちに参考になるものではありませんが、「近親者慰謝料だけなら100万円前後」といった安易な考え方をしないように、戒めとなる事案でした。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の症状:
出血性ショック等による死亡
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 8:2 3:7 過失が小さいことを主張

交通事故事件の概要

本件は、ご依頼者様のご家族が、バイクで走行していたところ、対向車線を走行していた右折車と衝突することにより、亡くなられた事案でした。

加害者側より、当方に過失が80%あるとの主張がされ、裁判で争うこととなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件の大きな争点は、過失割合でした。

加害者側より、速度超過や道路の見通しの悪さから、ご依頼者様のご家族に大きな過失があったことが主張されました。

それに対し、当方は、現場の視認状況が良いことや、加害者側の主張通りの速度で走行した場合にあり得ない走行状態となること等を示すことにより、過失が小さいことを主張しました。

最終的に、裁判所より、過失割合が30%であることが示され、加害者側の主張していた過失よりも大幅に小さくするという結果を得ることができました。

このように、被害者が亡くなられて事故状況を聞くことができない中で、加害者側より大きな過失が主張された場合でも、弁護士が事故現場や当時の状況を精査すること等により、被害者の気持ちに近いであろう過失について、主張を行えることにつながります。

ご家族の事故で、疑問に思われるようなことがありましたら、弁護士に相談されてみてはいかがでしょうか。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
第14級
被害者の症状:
外傷性頚部症候群
腰椎捻挫
左肩関節捻挫
争点:
過失割合
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請前 第14級 申請前のご依頼

交通事故事件の概要

本件は、交差点でご依頼者様が運転していた車両と相手方車両とが衝突することにより、腰椎捻挫等のお怪我をされたという事故でした。
相手方と過失等で争いが生じ、話合いが進まないため介入してほしいとのことでご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

経過としましては、ご依頼者様が治療を終えられ、相手方保険会社と免責証書を取り交わし、支払いを受けたら事件終了というところまできたところで、相手方保険会社と人身傷害保険会社との間で自動車賠償責任保険会社から受ける支払額がまとまらないため、損害賠償額を確定するために裁判を行うように求められました。
このような保険会社同士のトラブルが生じたのは、相手方保険会社がご依頼者様に損害賠償金を支払うと、ご依頼者様に代わり、相手方保険会社が自動車賠償責任保険会社に支払いを求めることとなりますが、本件では人身傷害保険会社が既に回収を行っていたために、そちらに対して多く取りすぎた分を請求するという状態であったためでした。
各々がいくら支払いを受け取ることができるのかは、損害賠償額が確定しなければはっきりしないものであり、話合いがつかなければ、裁判所に決めてもらうほかありません。
このように、交通事故では様々な立場の保険会社が関係することにより、解決が少し遅くなってしまうことがあることが分かる事案でした。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頚椎捻挫
胸部打撲
争点:
過失割合
後遺障害等級
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 未確定 1:9 有利な割合に修正
後遺障害等級 治療中のご依頼 14級9号 認定をサポート
賠償金額 提示前 約160万円 (既払金として約135万円を受け取っています)

交通事故事件の概要

本件は、依頼者が丁字路交差点を直進して通過しようとしたところ、一時停止規制のある左方交差道路から相手方車両が左折進出し、衝突してきたという事故態様でした。
依頼者は頸椎捻挫、胸部打撲の傷病を負い、約6ヶ月間の通院治療を受けて症状固定となりました。
依頼者は、早期の段階で弁護士に交渉を任せたいとお考えになり、弊所にご相談された結果、ご依頼を頂戴することとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が依頼者から事故後の経過を聴取したところ、本件は物損も解決前の状況でした。
そこで、物的損害と過失割合について交渉に着手しました。本件事故は、丁字路交差点、一方に一時停止標示あり、自動車同士の事故である点からすると、過失割合は依頼者:相手方=1.5:8.5となるのが通常ですが、交渉の結果依頼者:相手方=1:9で示談を成立しました。
その後、依頼者の治療が症状固定を迎えたものの、右手のしびれ等の症状が残りました。そこで、被害者請求により後遺障害等級認定申請を行ったところ、「回復困難な障害とは捉え難い」こと等を理由に非該当と判断されました。
担当弁護士は、依頼者と協議の上、異議申立てを行う方針決定をし、医療記録等を再度精査して、治療経過を具体的に整理しました。依頼者は症状固定前からトリガーポイント注射を受けていたところ、症状固定後も自費で通院を続け、そのときにもトリガーポイント注射が実施されていた等の事情を整理して、症状が回復困難なレベルにあると主張しました。
異議申立ての結果、頚部の症状について14級9号の認定が得られました。
その後、相手方との賠償額の交渉に臨み、過失割合による減額があったものの、既払い分を除いて160万円超の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
被害者の症状:
頸椎捻挫
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償額 約37万円 支払いを求められる 約57万円 経済的利益を獲得
過失割合 未確定 相手方が無過失を主張 1:9 適正な過失割合

交通事故事件の概要

依頼者は優先道路を直進していたところ、劣後道路を進行してきた相手方車両が衝突してきたという出合い頭の事故態様でした。
依頼者は、専門家の助力の必要性を感じられ、事故後まもなく弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、先行して物損を解決しようと、相手方に対して物損に関する賠償額の提示をしたところ、相手方から何らの返答がないまま、約37万円の支払いを求める訴訟を起こされました。
担当弁護士からみて、本件は訴訟で解決するほどの事案ではありませんでしたが、相手方は自身の主張が正しいとのこだわりが強く、訴訟で、自車のほうが交差点内に明らかな先入をしていた、依頼者は速度超過をしており、前方不注視があった等と主張してきました。
担当弁護士は、本件事故状況について、依頼者からの聴取やその他資料から丹念に検討を行い、相手方が考える事故態様や安全確認を行ったとの主張の状況と相反する資料を提出する等、主張・立証活動を行いました。
その結果、裁判所から、本件の過失割合について依頼者:相手方=1:9とし、相手方が依頼者に対し、差引約57万円の賠償金を支払う内容(依頼者が約60万円、相手方が約2万6000円の損害賠償請求権を持っており、実質的に相殺する内容)が提案され、和解が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
なし
被害者の症状:
頚椎捻挫等
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 1:9 0:10 過失を無過失に修正

交通事故事件の概要

依頼者が、優先道路を走行していたところ、側道から優先道路に進入しようと進行してきた相手方車両と出会い頭に衝突したという事故態様でした。
相手方は本件の過失割合について、別冊判例タイムズ38号に掲載されているケースの一つに該当するとして、依頼者:相手方=1:9が相当であると主張してきました。
これに対して、依頼者は、自身に過失があるとの評価に納得がいかず、専門家の助力の必要性を感じられ、弊所にご相談いただいた結果、ご依頼を頂戴する運びとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、相手方との交渉に臨んだものの、相手方は過失割合の見解について譲りませんでした。
そこで、依頼者と協議の上、訴訟(裁判)を提起して結論を出す方針としました。
訴訟手続では、裁判所から検察庁や警察署への調査嘱託の結果、本件事故の目撃者の連絡先を知ることができ、証人尋問で本件事故の状況を聞くことができました。
証人尋問の結果、目撃者が相手方車両が一時停止した様子は見ていないと証言したことや、事故現場の周囲の状況等から、裁判所は、依頼者には本件事故発生につき過失がないとの判決を下しました。

交通事故 解決事例一覧
被害者の症状:
頸椎捻挫
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 10:0 1:9 有利な割合に修正

交通事故事件の概要

依頼者が片側2車線の道路の左側車線を自動車で走行していたところ、同じ方向の右側車線を先行して走行していた相手方車両が、強引に左側車線へ車線変更したために、依頼者車両の前方中央部分と相手方の自動車の後部左側が衝突したという事故態様でした。
依頼者は、頸椎捻挫の傷病を負い、一定期間の通院治療を受けることとなりました。
相手方は、自分は合図を出す等、適切な車線変更を完了させた後の追突事故であるから無過失であると主張して、過失割合が争いとなりました。
依頼者は、専門家の助力の必要性を感じられ、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼後直ちに刑事事件記録の取得し、事故態様について依頼者からの聴取内容を踏まえて、相手方との交渉を臨みました。しかし、相手方からの回答がほとんどなく、交渉が遅々として進まなかったため、当方から訴訟を提起しました。
相手方は、訴訟で、本件の過失割合は依頼者:相手方=10:0が相当であると主張してきました。
担当弁護士は、依頼者車両と相手方車両の各損傷状態からすると、依頼者の主張する事故態様に整合する一方で、相手方の主張する事故態様には整合しないことや、警察署の捜査段階における相手方の供述が変遷しており、変遷の過程が不合理であること等から、本件は車線変更中の事故であると主張しました。また、相手方の進路変更は適切な内容であるとはいえず、むしろ、相手方の著しい過失によって本件事故が生じたと主張しました。
こうした主張・立証活動の結果、裁判所は当方の主張を全面的に認め、本件の過失割合を依頼者:相手方=1:9と認定する判決を下しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頚椎捻挫
腎挫傷
脳脊髄液減少症の疑い
争点:
過失割合
後遺障害等級認定
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 0 550万円 訴訟を回避し示談
後遺障害等級 認定前 14級 慎重な被害者請求により認定
過失割合 0:10 10:0 加害者の過失が0であるという主張を否定

交通事故事件の概要

依頼者は、合計3台の玉突き事故の先頭車両として、事故に遭いました。
最後尾となる3台目の車両が2台目の車両に衝突したことが原因でしたが、2台目の車両の運転者(相手方)が衝突に驚いてアクセルとブレーキを踏み間違ったため、前方にいる依頼者車両に再衝突したという細かな経過がありました。
さらに、最後尾の車両の運転者が任意保険に未加入でした

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

3台目の車両の運転者が任意保険未加入だったので、3台目の運転者から十分な賠償を受けることは期待できませんでした。そこで、本件事故が、2台目の運転手の操作ミスで再衝突が生じたという事実経過があったことから、2台目の運転手を相手方として損害賠償請求することにしました。
しかし、相手方は無過失であると主張して、支払いを拒否してきました。そこで、担当弁護士は、相手方の自賠責保険会社に被害者請求を行い、保険金を受給する過程で相手方の操作ミスによる事故であったことを認めさせることにしました。
担当弁護士は、刑事事件記録を取り寄せ、意見書をつける等して事故態様を詳しく説明したところ、後遺障害等級14級9号が認定され、保険金が支給されました。
担当弁護士は、被害者請求の結果を基に、相手方に賠償金の請求を試みましたが、相手方は3台目の車両の衝突によって怪我が生じたのであり、再衝突時に生じたものではないと反論し、後遺障害等級認定も否定してきました。
担当弁護士は、3台目の車両の運転者が加入していた自賠責保険会社にも被害者請求を行い、14級9号の後遺障害等級認定と保険金を受けつつ、訴訟準備をしていたところ、相手方が態度を急転して、当方が弁護士基準に照らして提示した賠償額を認めてきたので、合計550万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談を成立させることができました。

交通事故 解決事例一覧
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 5:5 3:7 適切な過失割合に修正

交通事故事件の概要

依頼者は、駐車場内の通路を走行していたところ、駐車区画から通路へ進入してきた相手方車両に側面から衝突されたという事故態様でした。
依頼者に目立った怪我はなく、物損事故として話が進みましたが、過失割合が争いとなり、相手方は、本件の過失割合は依頼者:相手方=5:5が相当であるとの意見を展開し、納得がいかなかったことから、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、相手方に譲る姿勢がなければ示談交渉の意味はないと判断し、訴訟提起へ進めていく方針をとりました。
本件では、相手方の言い分が駐車場内のある特定の部分が日陰になっていたことに依拠していたため、この日陰の有無が争点となりました。
担当弁護士は、駐車場の周辺建物の建築確認申請書を情報公開請求により取得して、建物の長辺、短辺及び高さ等の情報を調べました。これらの情報を基に、CADソフトを用いて日影図を作成しました。この日影図と現場図面を対照することで、争点となっていた部分が日陰となっていなかったことが明らかとなりました。
審理は尋問期日までもつれましたが、相手方は本人尋問でこれまでの主張を撤回しました。
尋問期日後の和解協議の席で、相手方は、依頼者:相手方=3:7の基本過失割合による和解に応じる姿勢を見せ、和解が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 15:85 5:95 過失割合を10%有利に修正

交通事故事件の概要

依頼者がバイクで交差点を通過しようと直進進入したところ、交差道路から右折しようと交差点内に進入してきた相手方車両に衝突されたという事故態様でした。
依頼者のバイクは、相手方から経済的全損と判断されていたものの、相手方が過失割合を依頼者:相手方=15:85が相当であると考えている点に依頼者は納得がいかず、弊所にご相談されました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者の受傷の内容が比較的重かったものの、依頼者は事故で損傷した自車に代わる移動手段を必要とされていました。もっとも、相手方に道路交通法違反があったことから、捜査が長期化する可能性があり、検察庁の処分が出て刑事事件記録が謄写できるようになるまで待てる状況ではありませんでした。
そこで、担当弁護士は、Googleストリートビューの画像や、依頼者が撮影した本件事故現場の見通し状況写真等の客観的資料をそろえて、事故態様を分析しました。上記資料をもとにした分析の結果を示し、相手方が考える過失割合から修正されるべき事案であると主張した意見書を提出したところ、過失割合を依頼者:相手方=5:95に修正することができました。

交通事故 解決事例一覧