婚約破棄によって相手から請求された慰謝料等の減額事例

婚約破棄によって相手から請求された慰謝料等の減額事例

依頼者の属性
男性、会社員(独身)
相手の属性
女性、会社員(独身)
受任内容
慰謝料等の請求の減額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 慰謝料+出産等:250万円 解決金:50万円
相互の接触禁止条項
約200万円の減額

事案の概要

価値観の違い等から婚約を解消した結果、相手から慰謝料や出産費用等を請求されたという事案です。慰謝料等の減額が交渉のメインですが、接触禁止条項を設けることも希望されていました。

弁護方針・弁護士対応

資料を精査の上、婚約の一方的な破棄ではないことについて、こちらに有利に読み取れる内容をピックアップし、婚約破棄に関する裁判例との比較等から、相応の減額を求めることを想定していました。 本来ならば認知や養育費等が問題となる事案ですが、相手方の意向により、慰謝料等に関する点が交渉の中心となりました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

婚約破棄の裁判例との比較や、出産費用に関する自治体の補助等に言及し、穏当な金額での解決を求めた結果、当初の請求額から大幅な減額を獲得することができました。ある程度の減額でこちらも譲歩することによって、認知等に関する相手方の意向を刺激することなく、合意書には清算条項はもちろんのこと、相互の接触禁止条項も締結することに成功しています。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る