弁護士に相談したことで、早期に協議離婚が成立した事例

弁護士に相談したことで、早期に協議離婚が成立した事例

依頼者の属性
40代
女性
派遣社員
相手の属性
40代
男性
会社員
受任内容
協議離婚における合意書作成

事案の概要

合意書に記載すべき内容について、相手方の性格等をよく知る依頼者と共に詳細を協議し、書面作成を行いました。

弁護方針・弁護士対応

同居中でさえ家計に非協力的だった相手方ですので、別居してからも婚姻費用の支払いは全くありませんでした。
そこで早期に離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立てるとともに、相手方が相談者様に直接連絡し続ける状況を打破するための当面の対応として、弁護士が窓口になることを手紙で伝えました。
調停期日までの間、相手方との交渉も試みましたが、相手方の主張が二転三転するため、交渉での解決は困難と判断し、調停期日を待つ方針に切り替えています。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士によるアドバイスが功を奏し、協議離婚が成立したうえ、付帯条件についても早期に大筋の合意が得られました。合意書にはその内容を遺漏なく記載し、離婚時には依頼者の希望どおり、相手方も自宅から退去しました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る