幼児を抱えて将来に不安がある妻が夫に養育費を請求する旨の公正証書を作成し、協議離婚した事例

幼児を抱えて将来に不安がある妻が夫に養育費を請求する旨の公正証書を作成し、協議離婚した事例

依頼者の属性
20代、女性、無職
相手の属性
20代、男性、会社員
受任内容
離婚交渉において、親権者となること及び養育費を請求することを内容とした公正証書を作成すること

事案の概要

夫からの心ない言動に耐えかねた妻が、幼児の親権者となること及び養育費を請求することを前提として、離婚を希望したものの、夫との交渉については不安を抱えていたため、弁護士に離婚交渉を依頼しました。

弁護方針・弁護士対応

夫婦間の話合いで、離婚については合意しており、親権についても争いはなかったため、養育費の具体的な条件に関する交渉が、主な問題となる事案でした。
子が幼児であり、将来において養育費の支払が滞りかねない危険性があるため、公正証書を作成しておくことにより、強制執行のための準備をしておく必要があると考えられました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

当初、養育費の月額について争われましたが、弁護士の粘り強い交渉の結果、養育費についても合意に達したので、公正証書を作成しました。
そして、妻は、速やかに離婚届を提出しました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る