モラハラ妻から約900万円の解決金を獲得し、離婚成立させた事例

慰謝料

依頼者の属性
男性
30歳以上50歳未満
相手の属性
女性
30歳以上50歳未満
受任内容
離婚交渉
離婚調停
婚姻費用被請求調停
面会交流調停
離婚訴訟
弁護士法人ALGに依頼した結果
離婚には断固応じない
自宅等のローンはこちらが負担し、相手方が居住
離婚成立、
自宅は相手がローンごと引き取り、
解決金として約900万円を獲得

事案の概要

ご依頼者様は、長年妻(相手方)からの攻撃的な言動に悩んでいた方です。日記の他、実際に相手方が送ってきたメール等も一定程度残されていましたし、心身ともに疲弊している様子が伺えました。別居を前提に、相手方との離婚等について代理人として交渉という形で介入したものです。

弁護方針・弁護士対応

相手方はモラハラの認識自体が乏しく、離婚についても全く応じるつもりがないという反応でした。話し合いで意見が変わるとは思えない状態であったこと、子供たちとの面会交流を行うにも、話し合いの場が別に設けられていないと、攻撃的な言動に萎縮してしまうことが予想されたことから、交渉から調停に方針を変更し、離婚調停と、面会交流の調停を申し立てました。
これに対し、相手方からも婚姻費用の請求にかかる調停が申し立てられました。
調停でも相手方は、離婚そのものに応じないとの姿勢を崩さなかったことから、さらに離婚訴訟に移行したという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

婚姻費用の点は、双方の収入等を前提に、こちらが負担している住宅ローン等を考慮した金額に減額した内容の審判が下されました。

離婚訴訟では、別居期間は2年にもみたないという状況でしたが、相手方の攻撃的な言動に長年苦しめられてきたことを、資料を添えて丹念に立証し、本件の夫婦関係は破綻していることが明らかであることを主張しました。
その結果、有利な心証を引き出すことに成功し、裁判所からも離婚を前提にした和解協議が勧められ、頑なに離婚を拒否していた相手方も、最終的には離婚を受けざるを得ない状況となりました。

不動産や住宅ローンが絡むと、その処理は複雑になりがちですが、財産分与等の点についても、自宅不動産は相手方が住宅ローン等の債務ごと引き取り、その他預金等の分与や慰謝料の問題に対する解決金として、相手方がこちらに約900万円を支払うという内容で、訴訟上の和解が成立しています。
面会については、コロナウイルスの流行により、一定期間実施が見送られる形にはなりましたが、離婚成立までの間、任意の面会交流の一定程度実施され、離婚後は月に1度の宿泊付の面会交流や、長期休暇には別途宿泊付の面会交流を実施するというように、ある程度充実した内容の面会交流を獲得することにも成功しています。その他養育費や年金分割の問題等も解決しています。
以上のとおり、本件は頑なに離婚を拒否していた相手方から、相応の経済的利益や面会交流を獲得しつつ、無事に離婚を成立させることに成功した事案です。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
50代
専業主婦
相手の属性
60代
会社員
受任内容
離婚

事案の概要

離婚希望の奥様からのご相談でした。奥様は、結婚してからご主人の考え方や常識についていけず、ずいぶん前から子供が独立したら離婚しようと考えていたところ、子供が独立したので、離婚へ動き出そうと、ご相談に来られました。ただ、これまで揉めないように我慢を続けてこられていたので、ご主人にとっては寝耳に水といった面もあったのでしょう、同居状態でもありましたし、離婚自体を拒否されている状況でした。

弁護方針・弁護士対応

淡々とこれまでの家族生活で奥様が我慢してきたのかを伝えることから始めることとしました。手続きとしては調停です。調停は、話し合いの場ですから、奥様の決意が固く、何があっても翻意することはないということを伝えて、ご主人に諦めてもらうことで離婚に向けて話が進むことが少なくありません。本件も期日を重ねることで、ご主人がやむを得ないと考えるようになり、離婚を前提に財産分与が主たる争点となっていきました。ここで、問題になったのは、自宅のマンションです。住宅ローンが残っていたものの、売却益が期待できるものでしたので、そもそもどちらか住むのか、売却するのか、売るとしていつまでに売却するのかなどです。

なお、奥様としては、慰謝料を請求したい気持ちもありましたが、証拠があるわけでもなく、夫婦で話しあうこともあまりしてこられておらず、法的な観点から見れば性格の不一致で片付けられてしまいかねないものでしたので、離婚に応じてもらえるのであれば、慰謝料といった感情的な対立になりやすい請求は行わない方針とさせていただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

頑なに離婚を拒むご主人と婚姻関係を続けることは、精神的に辛く精神衛生上よくありませんので、離婚に応じてもらえたことは良かったと思います。ただ、自宅をどうするかは思いのほか難航しました。まずは、売却するのかどうかです。どちらも気持ちが2転3転し、結局、調停ではまとまらず、訴訟にまで発展してしまいました。訴訟と聞くと抵抗が強いと思いますが、訴訟は、判決に向けてどんどん進んでいくので、決めきれない時には決断を促す意味で良い場合があります。本件もそういう事案だったと思います。結果的には、売却することになったのですが、次は、売却時期やどちらが主導で売却するのかです。もっと高く売れるはずじゃないかなどと言い出すときりがありません。本件は、和解で解決したのですが、和解内容は、売却期限を決めて、仮に期限までに売却できなかった場合は共有とすることとしました。共有となれば、共有物分割という手続きが残り、双方に手間と時間がかかってしまいますので、期限までに高く売りたいという心理的影響が働きます。売ると決まれば、どちらも高く売りたいでしょう。本件も無事に解決できました。

財産分与では、感情的な対立になりがちですが、感情的に対立してしまうとスムーズに話が進まず、結局双方がお金以上に大切な時間を失いかねません。本件も時間はかかってしまいましたが、最終的には売却に向けて双方同じ方向を向いていただけたことで解決できたのではないかと思っています。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
妻、40代、女性、5歳前後のお子さん1人
相手の属性
夫、40代、男性
受任内容
損害賠償請求(不貞を原因とする離婚慰謝料請求)

事案の概要

夫から強く親権を主張され、複数回の調停期日を経て、やっと妻を親権者と定めて離婚できたというのに、離婚後、夫から損害賠償請求訴訟を提起された方でした。
離婚調停の中で全て解決しておけば、後日、損害賠償請求を蒸し返されることはありませんが、早く解放されたい一心で、中途半端な解決をされてしまう方は少なくないでしょう。相手がモラハラ夫やDV夫の場合によくあります。本件も、そういった事案の一つでした。

弁護方針・弁護士対応

夫からの訴状を読んでみると、LINEのやり取りなどの証拠がそれなりに上手くまとめられており、放っておけば裁判所が不貞を認定する可能性があると感じる内容でした。相手の主張は事実無根だと仰る方も少なくないですが、勝つための十分な証拠が少ないという事案は多いものです。本件もそういった事案でした。だからといって諦めるわけにはいきません。事実でないならば、どこかに足跡があるはずです。そこで、王道ではありますが、方針を大きく二つに絞り、事実でなければ闘いましょうとご依頼を受けることとしました。方針の一つは、①不貞の事実自体を争うこと、もう一つは、②仮に不貞があったとしても、それが離婚の原因ではないと因果関係を争うというものでした。①に関し、LINE、メールなどのやり取りについて過去を振り返りつつ、相互に照らし合わせを行いました。すると、「???おかしいぞ」という部分に気づくことができました。②に関し、不貞を疑った際の夫の言動を詳細に時系列で検討すると、不貞について不満を持ったのではなく、不貞疑惑の以前から自分の思い通りにならない妻の態度に苛立ちを覚えており、不貞疑惑を理由にして妻に怒りをぶつけているだけだと思われました。 あとは、これをどう説得的に主張と書証でまとめるか、書証で足りない部分をどう尋問で埋めるかです。婚姻生活など、これまでの経緯を伺うと、尋問で感情的になる相手でもなさそうでしたので、相手を尋問で怒らせるなどして、うまくこちらに有利な話を引き出すことは難しそうでした。そこで、夫には色々と自分で話をさせた方がいいかなと思い、夫に語らせる戦略で尋問へ望みました。この戦略が上手くいったのかどうかは分かりませんが、「そこまで考えていたのであれば、どうしてその時に不貞疑惑について話がでてこなかったのですか?」などと一般人が不審に思う供述が幾つか出て、期日は終わりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

「原告(夫)の請求を棄却する」。
正直、判決はどうなるかわからないと思っていましたが、無事に勝つことができました。
理由は、原告は、不貞の事実を立証できていないし、仮に立証できていたとしても離婚の原因かどうか疑わしという内容でした。
本件は、浮気をしたと疑った配偶者から慰謝料を請求されたという、どこにでもある事案ですが、事案自体がシンプルなものであったとしても、裁判で事実を争うとなると、相当な手間がかかりますのでどうしても費用がかかってしまいます。本件のようにこちらに有利な客観的証拠が乏しい事案で、かつ、しっかりと争うとなれば、安い費用でお受けすることも難しいでしょう。紛争が大きくなる前にご相談いただければ費用も安く済んでいたのになぁと思った事案でした。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る