会社同僚に対する準強制性交事件で身柄拘束を回避しつつ示談できた事例

準強制性交罪

依頼のタイミング
任意の取調べ後
事件・罪名
準強制性交罪
弁護士法人ALGに依頼した結果
不起訴処分

事件の概要

ご本人が、会社の同僚女性から、泥酔状態による心神喪失に乗じて無理やり性交をされたとして被害届が出された事件です。

弁護士方針・弁護士対応

警察から事情聴取を受けた後、ご本人が、直接弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所へご相談に来られました。

ご本人から奥様に知られたくないとの希望があり、身柄拘束されない形で解決を図れることが重要でした。

被害者との間で、示談を行い、被害届の取下げをしてもらうべく、交渉を開始したものの、初めに被害者から提示のあった金額は、400万円と高額なものでした。

もっとも、当事者間のLINEのやり取りやレシート等を元に、性交した当時、泥酔状態になかったことや心神喪失でなかったこと等を主張することで、200万円という大幅に減額した金額で示談を行うことができました。

警察に対しても、当事者間での交渉の経過等を適宜連絡することで、身柄拘束がされないように努めました。

結果として、ご本人は身柄拘束されることなく、起訴もされませんでした。

弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所・刑事事件担当弁護士の活動及び解決結果

本件では、性交をしたこと自体に争いはありませんでしたが、泥酔状態で心神喪失状態にあった被害者と無理やり行ったのかという点で当事者間の主張が異なりました。

主張の食い違いがあることに加え、本件は、顔見知りの事件であり、ご本人が被害者に接触を図ることは可能でしたので、被害者に働きかけて罪証隠滅を図る可能性があるとして、身柄拘束されていた可能性があります。 

ご本人の奥様に知られたくないという希望のみならず、一般社会では、数日間であっても逮捕されることにより職を失ったり、周りから偏見の目にさらされるおそれがあり、身柄拘束を受ける不利益は大きいものです。

    

弁護士が、警察に対して適宜報告を行ったり、示談交渉をスピーディーに積極的に進めていることを示すことにより、身柄拘束を回避することができたのではないかと思います。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る