ギャンブル依存症の主婦による窃盗事例

窃盗

依頼のタイミング
逮捕後
事件・罪名
窃盗
弁護士法人ALGに依頼した結果
執行猶予付有罪判決

事件の概要

ご本人(60代女性)が、ショッピングセンター内で、他人の財布等が入ったバッグを窃取したという窃盗事件です。

ご本人は、現行犯逮捕され、その後勾留されました。ご本人は、同種の手口で犯行を重ねており、数件の余罪がありました。

弁護士方針・弁護士対応

①ご本人に持病があったこと等から、早期の身柄解放を目指すこと、②可能なかぎり被害弁償をすること、③動機となったのが、資金をギャンブルにつぎ込んでしまったことであったため、再犯防止のために、ギャンブル依存の治療が必要であることをご本人に自覚させ、通院させること、を基本的な対応方針とし、ご家族の了承も得ました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

①勾留に対する準抗告が認められ、早期に釈放されました。

②示談を一切拒否されていた被害者の方1名以外との間で示談が成立しました。

③ご本人は、今回の件で内省を深め、依存症の治療のために通院をするようになりました。

②③について裁判所に評価いただき、ご本人の事情を踏まえた適切な説諭の上で、執行猶予判決を獲得することができました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る