メール送信完了ページ

下層ページ

※自動返信メールを送信しております。

この度はお問い合わせいただき誠にありがとうございます。
ご相談については、メールのやり取りだけでは対応が難しいため、全て電話で対応させていただいております。

お問い合わせいただきました順番に受付担当者よりお電話連絡をさせていただきます。

なお、当事務所からお客様への発信番号は、092-739-7076となっております。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ頂き誠にありがとうございました。

トップページに戻る

お問い合わせ

まずはお気軽にお電話ください。

お電話にて、ご相談日のご予約を承ります。

労務問題は初動がとても重要です。大きな問題に発展する前に専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

当法人では紛争対応やトラブル対応だけでなく、問題の発生を未然に防止するための予防法務や、従業員定着などのための労働環境整備にも積極的に力を入れております。

気になる事がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

0120-979-039

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

法律相談料

1時間 10,000円(税込 11,000円)

弁護士との直接面談

当法人では、企業法務全般を取り扱っており、中でも労務問題には特に力を入れております。

弁護士から、適切なアドバイスをするために、ご相談内容によっては、当日に関連資料をお持ちいただく場合があります。

資料をお持ちいただく場合には、当法人より事前にご案内いたします。

弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所の所属弁護士

  • 福岡法律事務所 所長 弁護士 今西 眞

    所長 弁護士
    今西 眞

    福岡県弁護士会所属

    「ご依頼者様と真摯に向き合い」、ご依頼者様が何を望まれてるかを第一に考え、短期的な満足のみならず、長期的な満足をご提供できるよう、お力になりたいと思います。まずは、安心してご相談ください。

  • シニアアソシエイト 弁護士 有松 尚広

    シニアアソシエイト 弁護士
    有松 尚広

    福岡県弁護士会所属

    迅速・丁寧をモットーに誠心誠意対応致します。まずはお気軽にご相談ください。

  • 弁護士 小松 義浩

    弁護士
    小松 義浩

    福岡県弁護士会所属

    13年半にわたり、検察官と国の指定代理人(訟務部付)として、「期限厳守!」の職務を担当してきました。皆様が弁護士に期待される役割は多岐にわたるものと推察しますが、私は、適切な紛争予防・紛争解決を図るため、スピード感をもって皆様の御依頼に応えます。

  • シニアアソシエイト 弁護士 税所 知久

    シニアアソシエイト 弁護士
    税所 知久

    福岡県弁護士会所属

    紛争の予防に力を入れます。紛争の予防のためには、何よりも、人・物・金・情報について疑問があったらまずご相談いただくことが肝要です。どうぞお気軽にご相談ください。

  • シニアアソシエイト 弁護士 德永 亜希

    弁護士
    德永 亜希

    福岡県弁護士会所属

    しっかりお話を伺い、適切な解決に向け、尽力させていただきます。

  • 弁護士 栁田 駿

    弁護士
    栁田 駿

    福岡県弁護士会所属

    迅速な問題解決に善処いたします。お気軽にご相談ください。

  • 弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所
  • 駅ちかアクセス
  • 弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所
  • 清潔感のあるエントランス
  • 弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所
  • 落ち着いた雰囲気

アクセスマップ

住所
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1−1 アクロス福岡4F
アクセス
空港線 天神駅 16番出口より徒歩約3分
天神大牟田線 西鉄福岡(天神)駅 徒歩約10分
七隈線 天神南駅 5番出口より徒歩約3分

企業側人事労務に関するご相談は初回1時間電話・来所法律相談無料

※初回1時間無料、1時間以降は30分毎に5,000円(税込 5,500円)の有料相談になります。 ※30分未満の延長でも5,000円(税込 5,500円)が発生いたします。 ※相談内容によっては有料相談となる場合があります。

月額費用

従業員数
~300人301人~1,000人1,001人~
労務顧問ライト50,000円
(税込 55,000円)
75,000円
(税込 82,500円)
100,000円
(税込 110,000円)
労務顧問100,000円
(税込 110,000円)
150,000円
(税込 165,000円)
200,000円
(税込 220,000円)
労務顧問プラス200,000円
(税込 220,000円)
300,000円
(税込 330,000円)
400,000円
(税込 440,000円)

スポット料金

一般の方労務顧問契約
就業規則 本則作成・修正手数料400,000円
(税込 440,000円)~(※1)
200,000円
(税込 220,000円)~(※1)
就業規則 各種規程作成・修正手数料150,000円
(税込 165,000円)~(※1)
100,000円
(税込 110,000円)~(※1)
労働審判着手金900,000円
(税込 990,000円)
720,000円
(税込 792,000円)
別途諸経費・成功報酬
労働訴訟対応着手金900,000円
(税込 990,000円)
720,000円
(税込 792,000円)
別途諸経費・成功報酬
団体交渉(立会・交渉)着手金400,000円
(税込 440,000円)~
300,000円
(税込 330,000円)~
別途諸経費・成功報酬
交渉(退職勧奨等)着手金350,000円
(税込 385,000円)~
250,000円
(税込 275,000円)~
別途諸経費・成功報酬

※1 労働者数、企業規模、不利益変更の有無などにより、料金が変動いたします。

弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所からのメッセージ

弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所 所長 弁護士 今西 眞

弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所は、アクロス福岡に事務所を構え(2021年6月末時点:所属弁護士6名)、福岡県を中心に九州全域の企業に対して法的サービスを提供しています。法的紛争に直面した企業の力になることはもとより、問題の原因を根本的に解決することを重視しています。そのため、ご相談に対しては結論だけでなく、可能な限り根拠をお伝えし、担当者のスキルアップにつなげていただけるよう心掛けています。

弁護士法人ALG&Associates福岡法律事務所 所長 弁護士 今西 眞福岡県弁護士会所属

弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所 所長 弁護士 今西 眞

ご相談しやすい環境づくりを心がけています

女性スタッフが多数在籍していますFemale Staff

弁護士法人ALGでは女性スタッフも多数在籍しており、親切・丁寧なご対応を心がけています。

「弁護士に相談するような内容かわからない…」そんな場合でもお気軽にご相談下さい。

弁護士法人ALGのスタッフがご相談者様がお困りのこと・疑問に思われていることについてしっかりとヒアリングを行わせて頂きます。

また、法律相談をご依頼頂いた際にもスムーズにご相談頂けるようヒアリング内容を担当弁護士へ共有して連携を取っていますので、安心してご相談ください。

キッズスペースもご用意しておりますKids Space

「子どもを連れて弁護士事務所に行くのは難しい」というご相談者様も安心してお越し頂けるよう、弁護士法人ALGではキッズスペースをご用意しています。 お子様連れのご相談者様でもゆっくりとご相談できる環境を整えていますので、ぜひお気軽にご相談下さいませ。

事務所詳細

事務所名
弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所
所属弁護士会
福岡県弁護士会
所長
今西 眞(福岡県弁護士会所属)
所在地
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1−1 アクロス福岡4F
電話番号
092-739-7076
弁護士法人ALG&Associates 福岡法律事務所へのアクセス
空港線 天神駅 16番出口より徒歩約3分
天神大牟田線 西鉄福岡(天神)駅 徒歩約10分
七隈線 天神南駅 5番出口より徒歩約3分
主たる法律事務所
  • 弁護士法人ALG&Associates(東京弁護士会)
  • 〒163-1308 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー8F
  • 代表執行役員 弁護士 金﨑 浩之
    代表執行役員 弁護士 片山 雅也
弁護士法人ALG&Associates
オフィシャルサイト
https://www.avance-lg.com/

法律に詳しい従業員の必要性は感じたことはないでしょうか。労務問題は、日々生じる従業員との法的問題であるにもかかわらず、人事総務担当に任せっきりになっていないでしょうか。担当者が恐る恐る対応しているか、間違いに気づかず対応しているのが実情です。自社で一から採用するとなると、コストもかかりますし、簡単に解雇することもできません。もし、顧問料の負担に抵抗があるとすると、それは、弁護士を利用していないからに過ぎません。自社の社員であれば給与に応じた働きを求めるでしょう。それと同じく、顧問料を払っている以上、活用すべきですし、活用できる法律事務所と顧問契約を結ぶべきです。

働き方改革が進行し、労働環境の改善整備を避けることはできなくなっている現在では、経営者の悩みは大変なものだと思います。どのように改善すればいいのか、何から手をつければいいのかさえ分からないという状況かもしれません。まずは、取り組む決意をしてください。そして、経営者自身の決意を社内へ表明してください。弊所は、その決意を全力でサポートさせていただきます。