最新の株価を反映させることで、想定よりもはるかに多い金額で遺産分割が成立した事例

遺産分割

相続財産:
不動産
車両
預金
株式
投資信託等
依頼者の被相続人との関係:
相続人:
争点:
各遺産の時価額の評価、誰がどの資産を取得するか等
弁護士法人ALGに依頼した結果
車両や預金、株式等計2000万円以上を獲得

事案の概要

本件は、ご依頼者様(被相続人の子)と、いわゆる後妻にあたる相手方で遺産分割の内容等について、協議を行ったものです。弊所が代理人として介入した後、まずは遺産の調査を行ったのですが、遺産には自宅不動産の他、多数の株式等金融資産が含まれていました。

弁護方針・弁護士対応

相手方は自宅不動産と預金の大半を取得することを主張していましたが、自宅不動産はかなり立派な建物であり、固定資産評価額をはるかに超える資産価値が予想されました。株式等については、相手方は死亡時点の株価をもとに計算した内容でこちらの取り分を少なめに提示していましたが、当時はコロナショックの真っ只中であり、株式の時価額は著しく低下していました。
最新の株価を反映させることによって、相手方が自宅不動産とわずかな預金を取得する代わり、車両と金融資産のほぼ全てはこちらが取得するという方向で話し合いを進めたものです。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

コロナの第1波で著しく下落していた株価等は、交渉の途中でかなり値を戻していました。相手方からは、解決案の見直し等の主張もありましたが、またいつ下落するか分からないという点を強調して、調整は最小限に止め、こちらが希望する内容での遺産分割に成功しています。その後、株価が順調に回復したことで、結果的にはこちらの取り分は当初の想定よりもはるかに多い金額となっています。株式のように、時価額が変動する資産は、遺産分割後に値上がりするという良い結果の場合もあれば、下落というマイナスの結果もあると思います。本件は特殊な相場状況を活用することで、より良い結果を得ることができたと思います。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る
相続財産:
不動産(土地建物複数)
預貯金
不動産賃料等
依頼者の被相続人との関係:
被相続人両名の子の代襲者
相続人:
被相続人両名の子
争点:
遺産分割方法
不動産の評価
代償金の額等
弁護士法人ALGに依頼した結果
相続財産 約200万円 約1100万円 総額を明らかにした上で獲得

事案の概要

本件は、祖父が死亡する前の時点で父が他界、祖父が死亡した後、さらに祖母が他界したという事案です。

祖父母には、父の他にも兄弟があり、ご依頼者様は父の代襲者として、法定相続分は有するものの、遺産分割協議からはつまはじきにされている状態でした。

遺産総額も明らかにされないまま、相手方からは200万円を渡すかわり、不動産等のその余の財産は全て相手方が取得するという提示をされていました。

適正な分配額を計算するためにも、まずは相続財産の全容を明らかにして、分割協議を進めていくという方針と立てた事案です。

弁護方針・弁護士対応

遺産調査の結果、多数の不動産と数百万円の預貯金、祖父が貸していた建物の賃料が死亡後も発生しつづけており、これを相手方らが取得していたこと等が判明しました。

遺産調査完了後、こちらからも金額を提示の上、相手方との交渉を試みましたが、寄与分等の主張に対するこだわりが強かったことから、早期に任意の交渉に見切りをつけ、速やかに遺産分割調停を申し立てました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停では、相手方の寄与分や特別受益等の主張は全て排斥することを前提に、不動産は相手方が取得する代わり、約1100万円を一括で支払ってもらう、という内容で解決することができました。

当初の主張額からは一定程度こちらも譲歩するかわり、初回の調停期日から3ヵ月足らずでの早期解決に成功しています。

金額的にも、相手方が当初提示していた額とは5倍以上の開きがありますので、弁護士が介入することのメリットが、両面で生かされた事案と言えるでしょう。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る