弁護士の遺産調査により、遺留分侵害が早期に解決された事例

遺留分侵害額

相続財産:
不動産(土地複数)
預貯金等
依頼者の被相続人との関係:
相続人:
子(依頼者のきょうだい)
争点:
相続財産の範囲
遺留分侵害額
弁護士法人ALGに依頼した結果
相続財産 取得額0円 受任後:約500万円を取得 約500万円の増額

事案の概要

本件は、相手方が公正証書遺言により全財産を相続したため、相続財産の範囲が判然としない上、ご依頼者様の取得額は0円という事案でした。

ただし、被相続人の古い通帳のコピーが何冊か残されていたため、どの金融機関に預貯金があったかという点については、ある程度推測が可能でした。

弁護方針・弁護士対応

弁護士が遺産調査を行いました。

不動産については、換地処分により地番表記が錯綜しており、やや調査に時間を要しましたが、ご依頼者様の記憶や被相続人名義の口座の取引履歴とも合致する結果が得られました。

預貯金についても、妥当と思われる調査結果が得られました。弁護士は、これらの調査結果に基づいて、遺留分侵害額をご依頼者様にお伝えしました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

最終的に、ご依頼者様自らの判断により、相手方から約500万円を受け取ることにより、解決しました。

親族間の対立は、しばしば感情的になりがちな面がありますが、ご依頼者様は、ある程度金額面で譲歩することにより、早期かつ円満な解決を選択されたようです。

その前提として、弁護士による遺産調査がお役に立ったものと考えております。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る