定年のない職種であることを示して交渉した結果、賠償額が1000万円以上増額した事例

上肢

後遺障害等級:
11級7号
被害者の状況:
腰椎圧迫骨折(L1)他
争点:
賠償金額(特に逸失利益と後遺障害慰謝料)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約420万円 約1500万円
(賠償金は既払金等を控除した差引支払額)
約1080万円の増額

交通事故事件の概要

本件はご依頼者様の車に、相手の車両がセンターラインオーバーで衝突してきたという事案です。ご依頼者様は、腰椎圧迫骨折等の怪我を負い、入通院を余儀なくされた後、後遺障害等級11級7号が認定されていました。これに対し、相手保険会社の提示額はあまりに低く、その増額交渉を依頼されたという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故態様から、相手の一方的過失は明らかという事案であるため、過失割合は0:100で争いのない事案でした。
にもかかわらずこれほど金額に差があるのは、逸失利益について、相手保険会社はわずか2年分のみを対象として計算してきていたからです。また、慰謝料もかなり低く算定されていました。
ご依頼者様は、一般には定年を迎えていてもおかしくない年齢の方でしたが、定年のない職種の方であること等について資料を確保した上で相手保険会社と交渉した結果、逸失利益はこちらの請求金額の満額、慰謝料等もほぼこちらの言い分どおりという内容での示談となりました。
ご依頼から2カ月足らずの短期間で、1千万円以上の増額を獲得したという事案であり、事前準備が奏功した好例の一つです。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る