会社役員の逸失利益及び会社の損害が認められ、大幅な賠償金の増額に繋がった事例

賠償金額

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
左踵骨(骨棘)亀裂骨折
争点:
賠償金額(休業損害、逸失利益、慰謝料金額等)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約790万円
(賠償金の他、自賠責保険から75万円を受領)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 提示前 14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

本件の事故は、バイクで直進走行していたご依頼者様に、路外から進入してきた車両が衝突し、足のかかと部分が亀裂骨折した(≒ヒビが入った)というものでした。事故から間もない時期にご相談いただき、過失割合や治療終了後の示談交渉や後遺障害等級認定申請等、早期段階で介入となった事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

介入後、まずは物的損害と過失割合について、示談交渉を開始しました。幹線道路であることも踏まえ、5対95の過失割合で物損の示談を成立させています。さらに治療期間中は治療期間に関する交渉を行い、治療が終了した後、後遺障害等級認定申請を行いました。

後遺障害等級認定申請の結果、骨折部周辺の疼痛等について14級9号が認定されています。
これを前提に損害賠償金を請求したのですが、相手保険会社の回答は逸失利益を0円とする回答をしてきました。その理由は、ご依頼者様は会社の役員兼使用人として勤務していた方であり、事故後もご依頼者様自身には減収が生じていないしこれからも生じないという趣旨のものでした。
しかし、本件はご依頼者様の業種や勤務状況、経営環境、事故の前後で会社に生じた減収等に鑑みれば、労働能力の喪失に応じた将来の減収を否定すべき事案ではありませんでした。これら当方の主張を通知しても、相手保険会社は上記主張に固執したため、訴訟提起に至った事案です。

弁護士費用特約は、個人の損害が対象であり、会社損害の賠償請求はカバーされません。よって訴訟では会社からも別途依頼を受ける形で、会社の損害も含めて請求しています。これらの点について、ご依頼者様の稼働状況や、減収の点等について、具体的な資料を訴訟に提出しました。
訴訟に移行した分、交渉での解決よりも時間はかかりましたが、こちらが主張したとおりの逸失利益等を獲得したことはもちろん、会社の損害も含めた解決となったことで、交渉段階での請求額よりもはるかに多い金額を獲得することに成功した事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
左踵骨(骨棘)亀裂骨折
争点:
賠償金額(休業損害、逸失利益、慰謝料金額等)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約790万円
(上記賠償金の他、自賠責保険から75万円を受領)
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 治療中 14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

本件の事故は、バイクで直進走行していたご依頼者様に、路外から進入してきた車両が衝突し、足のかかと部分が亀裂骨折した(≒ヒビが入った)というものでした。事故から間もない時期にご相談いただき、過失割合や治療終了後の示談交渉や後遺障害等級認定申請等、早期段階で介入となった事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

介入後、まずは物的損害と過失割合について、示談交渉を開始しました。幹線道路であることも踏まえ、5対95の過失割合で物損の示談を成立させています。さらに治療期間中は治療期間に関する交渉を行い、治療が終了した後、後遺障害等級認定申請を行いました。

後遺障害等級認定申請の結果、骨折部周辺の疼痛等について14級9号が認定されています。
これを前提に損害賠償金を請求したのですが、相手保険会社の回答は逸失利益を0円とする回答をしてきました。その理由は、ご依頼者様は会社の役員兼使用人として勤務していた方であり、事故後もご依頼者様自身には減収が生じていないしこれからも生じないという趣旨のものでした。
しかし、本件はご依頼者様の業種や勤務状況、経営環境、事故の前後で会社に生じた減収等に鑑みれば、労働能力の喪失に応じた将来の減収を否定すべき事案ではありませんでした。これら当方の主張を通知しても、相手保険会社は上記主張に固執したため、訴訟提起に至った事案です。

弁護士費用特約は、個人の損害が対象であり、会社損害の賠償請求はカバーされません。よって訴訟では会社からも別途依頼を受ける形で、会社の損害も含めて請求しています。これらの点について、ご依頼者様の稼働状況や、減収の点等について、具体的な資料を訴訟に提出しました。
訴訟に移行した分、交渉での解決よりも時間はかかりましたが、こちらが主張したとおりの逸失利益等を獲得したことはもちろん、会社の損害も含めた解決となったことで、交渉段階での請求額よりもはるかに多い金額を獲得することに成功した事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
11級7号
被害者の状況:
腰椎圧迫骨折(L1)他
争点:
賠償金額(特に逸失利益と後遺障害慰謝料)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約420万円 約1500万円
(賠償金は既払金等を控除した差引支払額)
約1080万円の増額

交通事故事件の概要

本件はご依頼者様の車に、相手の車両がセンターラインオーバーで衝突してきたという事案です。ご依頼者様は、腰椎圧迫骨折等の怪我を負い、入通院を余儀なくされた後、後遺障害等級11級7号が認定されていました。これに対し、相手保険会社の提示額はあまりに低く、その増額交渉を依頼されたという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故態様から、相手の一方的過失は明らかという事案であるため、過失割合は0:100で争いのない事案でした。
にもかかわらずこれほど金額に差があるのは、逸失利益について、相手保険会社はわずか2年分のみを対象として計算してきていたからです。また、慰謝料もかなり低く算定されていました。
ご依頼者様は、一般には定年を迎えていてもおかしくない年齢の方でしたが、定年のない職種の方であること等について資料を確保した上で相手保険会社と交渉した結果、逸失利益はこちらの請求金額の満額、慰謝料等もほぼこちらの言い分どおりという内容での示談となりました。
ご依頼から2カ月足らずの短期間で、1千万円以上の増額を獲得したという事案であり、事前準備が奏功した好例の一つです。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の症状:
骨折、頚椎捻挫、腰椎捻挫
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 120万円 約170万円 約50万円の増額

交通事故事件の概要

バイクでの走行中、対向車線を走行中の自動車が右折しようとしたところで接触したという事案でした。ご依頼者様は、骨折される等の傷害を負われました。治療終了後、損害賠償金額の提示を受けられたときにご依頼いただき、示談交渉をお手伝いさせていただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

幸い、骨も綺麗に癒合し、痛みが残ることもなかったようで、後遺障害が残っておられませんでしたので、本件の争点は、慰謝料の金額でした。
ご依頼いただく前に保険会社より提示を受けていた慰謝料の金額は、弁護士基準によって算定した金額の半分ほどのものでした。いわゆる自賠責基準です。
弊所弁護士から、弁護士基準によって算出した金額の支払いを求めたところ、保険会社は、少しだけ増額した回答をしてきました。
保険会社が自賠責基準、任意保険会社基準で回答してくことはいつものことです。ただ、本件は、お怪我の状況からして、裁判基準で算定すべき事案でしたので、弊所の計算方法によるべきであることの理由を、資料を付しつつ主張しました。その結果、保険会社は弊所の計算方法で算定することを認め、慰謝料の金額が大きく増額した状態で示談を行うことができました。
このように、弁護士が介入することにより、適切な金額を算定し、交渉を進めていくことができます。賠償金額について、適切な金額なのか疑問に思われる場合には、弁護士に相談されることをおすすめいたします。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頸椎捻挫
腰部挫傷
両肩関節挫傷等
争点:
賠償金額(休業損害、逸失利益、慰謝料金額等)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 ①約200万円
②約270万円
③約100万円他、後遺障害につき自賠責保険から計150万円を受領
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 治療中 14級9号 認定をサポート
※大人二名(①②)と、子供三名分(③)

交通事故事件の概要

信号待ち停車中のご依頼者様の車両に対し、加害車両が後方から追突した事案です。
ご依頼者様の車両には、大人二名、子供三名の計5名が同乗しており、その5名全員についてご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故車両の写真からも、加害車両は相当程度の速度で衝突してきたものと推察される事故でした。怪我の度合いはそれぞれ異なっており、大人二名の症状は強く、子供3名はそれよりやや軽症でした。
事故から間もない時期にご相談いただいたことで、症状の程度に応じた通院等もアドバイスしながら進めて参りました。
先に治療が終了した子供三名分の示談をまとめた上で、症状の重い大人2名の治療終了を待って、お二人につき後遺障害等級認定申請を行いました。その結果、二人ともに14級9号が認定されています。
その後大人二名分についても示談交渉を行った結果、上記の差引支払額を獲得することができました。
なお、①と②の金額の違いは主に休業損害の点によるものです。前者は仕事をほとんど休んでいないのに対し、後者は主婦業への影響について休業損害を請求しています。自賠責保険からの支給分を含めると、計700万円以上の獲得に成功した事案です。
いわゆるファミリー事故では、当事者が多数に及ぶことで事案も複雑になりますし、親は自分の治療に関する話し合いのみならず、子供の治療等についても相手保険会社との話し合いに対応しなければなりません。 適正な賠償の獲得を目指すことはもちろん、このような負担を軽減して治療に専念するためにも、早期段階で弁護士に一括して相談・依頼されることをお勧めいたします。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
併合12級(12級1号+14級相当)
被害者の症状:
外傷性視神経障害
水晶体偏移・調節障害
争点:
賠償金額(労働能力喪失の程度、期間、基礎収入等)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約1100万円自賠責保険から別途約220万円を受領 示談金提示前のご依頼
後遺障害等級 申請前 併合12級 申請前のご依頼

交通事故事件の概要

センターラインオーバーの加害車両が正面衝突、被害車両の助手席に同乗していたご依頼者様が顔をエアバッグに打ち付け、片目に怪我を負った事案です。
症状固定を間近に控えた時点でのご相談でしたが、片目の調節機能低下と羞明が残存していました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まずは資料を取り付けた上で、後遺障害等級の認定申請を行い、上記等級の認定を得た後速やかに、相手保険会社との交渉を開始しました。
相手保険会社との交渉では、特に逸失利益の点で金額に大きな開きがありました。
受傷状況等に鑑みると、訴訟に移行した場合はシートベルトの有無や過失割合が争われる可能性もありましたが、これも踏まえた上で、回復の見込みに関する点の他、年少女子の場合、全労働者の平均賃金を基礎収入とすべきと判断した裁判例の存在等を指摘して粘り強く交渉した結果、相手保険会社の当初主張額から200万円以上増額した上記金額にて示談成立に至ったものです。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
第14級
被害者の症状:
外傷性頚部症候群
腰椎捻挫
左肩関節捻挫
争点:
過失割合
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請前 第14級 申請前のご依頼

交通事故事件の概要

本件は、交差点でご依頼者様が運転していた車両と相手方車両とが衝突することにより、腰椎捻挫等のお怪我をされたという事故でした。
相手方と過失等で争いが生じ、話合いが進まないため介入してほしいとのことでご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

経過としましては、ご依頼者様が治療を終えられ、相手方保険会社と免責証書を取り交わし、支払いを受けたら事件終了というところまできたところで、相手方保険会社と人身傷害保険会社との間で自動車賠償責任保険会社から受ける支払額がまとまらないため、損害賠償額を確定するために裁判を行うように求められました。
このような保険会社同士のトラブルが生じたのは、相手方保険会社がご依頼者様に損害賠償金を支払うと、ご依頼者様に代わり、相手方保険会社が自動車賠償責任保険会社に支払いを求めることとなりますが、本件では人身傷害保険会社が既に回収を行っていたために、そちらに対して多く取りすぎた分を請求するという状態であったためでした。
各々がいくら支払いを受け取ることができるのかは、損害賠償額が確定しなければはっきりしないものであり、話合いがつかなければ、裁判所に決めてもらうほかありません。
このように、交通事故では様々な立場の保険会社が関係することにより、解決が少し遅くなってしまうことがあることが分かる事案でした。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
併合4級
被害者の症状:
硬膜下血腫
硬膜外血腫
脳挫傷
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約5700万円 約7500万円 約1800万円の増額

交通事故事件の概要

本件の依頼者は、交通事故によりいわゆる高次脳機能障害が残存し、後遺障害等級併合4級が認定された方でした。
依頼者は、相手方から賠償案が提示されたものの、その内容が適切な内容か否かの判断がつかず、専門家の助力の必要性を感じられたため、弊所にご相談され、ご依頼されることとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、交渉による解決と訴訟手続による解決のいずれの方法も取れるものの、訴訟手続の方が遅延損害金等が加算されるため、より増額が目指しやすい旨まで詳しくご案内し、依頼者の意向を尊重する旨をお伝えしたところ、依頼者は訴訟に対する忌避感が強く、交渉による解決を希望されました。
そこで、依頼者の意向を踏まえて、相手方と可及的な賠償額の増額を目指して交渉した結果、相手方の当初提示額から1800万円近く増額する内容で示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頚椎捻挫
胸部打撲
争点:
過失割合
後遺障害等級
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
過失割合 未確定 1:9 有利な割合に修正
後遺障害等級 治療中のご依頼 14級9号 認定をサポート
賠償金額 提示前 約160万円 (既払金として約135万円を受け取っています)

交通事故事件の概要

本件は、依頼者が丁字路交差点を直進して通過しようとしたところ、一時停止規制のある左方交差道路から相手方車両が左折進出し、衝突してきたという事故態様でした。
依頼者は頸椎捻挫、胸部打撲の傷病を負い、約6ヶ月間の通院治療を受けて症状固定となりました。
依頼者は、早期の段階で弁護士に交渉を任せたいとお考えになり、弊所にご相談された結果、ご依頼を頂戴することとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が依頼者から事故後の経過を聴取したところ、本件は物損も解決前の状況でした。
そこで、物的損害と過失割合について交渉に着手しました。本件事故は、丁字路交差点、一方に一時停止標示あり、自動車同士の事故である点からすると、過失割合は依頼者:相手方=1.5:8.5となるのが通常ですが、交渉の結果依頼者:相手方=1:9で示談を成立しました。
その後、依頼者の治療が症状固定を迎えたものの、右手のしびれ等の症状が残りました。そこで、被害者請求により後遺障害等級認定申請を行ったところ、「回復困難な障害とは捉え難い」こと等を理由に非該当と判断されました。
担当弁護士は、依頼者と協議の上、異議申立てを行う方針決定をし、医療記録等を再度精査して、治療経過を具体的に整理しました。依頼者は症状固定前からトリガーポイント注射を受けていたところ、症状固定後も自費で通院を続け、そのときにもトリガーポイント注射が実施されていた等の事情を整理して、症状が回復困難なレベルにあると主張しました。
異議申立ての結果、頚部の症状について14級9号の認定が得られました。
その後、相手方との賠償額の交渉に臨み、過失割合による減額があったものの、既払い分を除いて160万円超の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
外傷性肝損傷
右大腿骨骨折等
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約224万円 約353万円(差引支払額) 約130万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者がバイクを運転していたところ、相手方車両との接触で受賞するという事故態様でした。
依頼者は、右大腿骨骨折、肝損傷等の傷病を負い、一定期間の入通院治療を受けることとなりました。
幸いにも、依頼者の余後は極めて良好であり、血液検査の数値は正常値に回復し、骨癒合も順調でした。
症状固定を経て、事前認定を受けた結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。
その後、相手方から賠償案が提示されたものの、依頼者は賠償案が適切な内容か否かの判断がつかず、専門家による助力の必要性を感じられたとのことで、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、相手方の賠償案を検討したところ、既払い分を除いて約224万円を支払う内容でしたが、慰謝料を中心に増額の余地があるものでした。
そこで、担当弁護士は、入通院慰謝料は弁護士基準に照らして算出されるべきであり、さらに本件は予後こそ良好であるものの、受傷内容は甚大であるから、慰謝料増額事由があると主張しました。相手方は、退院後の通院頻度が極めて少ないから弁護士基準に照らしても高額にはらならない等と反論してきたものの、当方提示額で押し切りました。
また、後遺障害慰謝料も弁護士基準で押し切り、約110万円を認めてもらいました。
最終的に、1割の過失相殺による減額がありましたが、既払い分を除いて約353万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧