弁護士介入によって、慰謝料の金額が大きく増額した事例

弁護士介入によって、慰謝料の金額が大きく増額した事例

被害者の症状:
骨折、頚椎捻挫、腰椎捻挫
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 120万円 約170万円 約50万円の増額

交通事故事件の概要

バイクでの走行中、対向車線を走行中の自動車が右折しようとしたところで接触したという事案でした。ご依頼者様は、骨折される等の傷害を負われました。治療終了後、損害賠償金額の提示を受けられたときにご依頼いただき、示談交渉をお手伝いさせていただきました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

幸い、骨も綺麗に癒合し、痛みが残ることもなかったようで、後遺障害が残っておられませんでしたので、本件の争点は、慰謝料の金額でした。
ご依頼いただく前に保険会社より提示を受けていた慰謝料の金額は、弁護士基準によって算定した金額の半分ほどのものでした。いわゆる自賠責基準です。
弊所弁護士から、弁護士基準によって算出した金額の支払いを求めたところ、保険会社は、少しだけ増額した回答をしてきました。
保険会社が自賠責基準、任意保険会社基準で回答してくことはいつものことです。ただ、本件は、お怪我の状況からして、裁判基準で算定すべき事案でしたので、弊所の計算方法によるべきであることの理由を、資料を付しつつ主張しました。その結果、保険会社は弊所の計算方法で算定することを認め、慰謝料の金額が大きく増額した状態で示談を行うことができました。
このように、弁護士が介入することにより、適切な金額を算定し、交渉を進めていくことができます。賠償金額について、適切な金額なのか疑問に思われる場合には、弁護士に相談されることをおすすめいたします。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る