福岡の弁護士による交通事故被害者相談

福岡の弁護士による刑事事件の相談

幼児の骨折事案で骨癒合は良好だったが、治療経過の詳細な説明により後遺障害等級14級9号の認定が得られた事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
骨折
争点:
後遺障害等級
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請前 14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

本件は、被害者(幼児)が相手方車両の接触により足を骨折したという事故でした。
依頼者であるお母様は、子供が面倒くさがって病院に行ってくれず、通院日数が足りないのではないか、また、病院に症状をうまく伝えられていないのではないか、そのせいで十分な賠償をしてもらえなくなるのではないかと心配になり、弊所にご依頼されました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は具体的な通院状況を聴取して、小さいお子様なのでこれまでどおり通院付添を続けてもらうよう助言しました。また、骨折事案なので、各種画像検査や神経学的検査等を受けてもらい、治療経過をしっかり確認してもらうことも助言しました。
幸いにも、骨癒合は良好で、検査結果も大きな問題は顕出されませんでした。
そこで、担当弁護士は、これまでの通院状況、症状の推移といった治療経過等から自覚症状が説明できるよう準備し、治療中の診断書への記載内容、後遺障害診断書の記載内容と関連付けて説明する格好で、後遺障害等級認定申請を行った結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。
その後、担当弁護士は、後遺障害等級の結果を踏まえて、弁護士基準に照らして賠償額を算出し、相手方との交渉に臨みました。最終的に、依頼者の通院付添費も含めて、当方提示額を賠償金として支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧