福岡の弁護士による交通事故被害者相談

福岡の弁護士による刑事事件の相談

交通事故直後からの弁護士のサポートにより後遺障害等級14級9号が認定され、総額310万円の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
争点:
後遺障害等級
賠償金額

交通事故事件の概要

依頼者が、信号待ちで停車していたところ、後続の相手方車両に追突されたという事故態様でした。
依頼者は、本件事故直後から頸部及び腰部の痛み、手の痺れ等の症状を訴え、個人の整形外科病院へ通院治療を開始しました。
しかし、今後の話の進め方、準備すべき事柄がわからず、専門家による助力の必要性を感じられたため、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、事故直後からの依頼者の治療内容がわかる資料を拝見し、内容を精査したところ、適切な検査が実施されており、検査結果も各月の診断書に詳細に記載されていたことから、依頼者には、医師を信頼して治療を継続していただくよう助言しました。
依頼者は、通算して約1年間の通院治療を受け、被害者請求による後遺障害等級認定申請の結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。
担当弁護士は、後遺障害等級の結果を踏まえて、弁護士基準に照らして賠償額を算出して相手方との交渉に臨みました。
交渉の結果、通院慰謝料110万円、後遺障害慰謝料100万円、後遺障害逸失利益約80万円となり、最終的に、既払い分を除いて総額約310万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧