福岡の弁護士による交通事故被害者相談

福岡の弁護士による刑事事件の相談

ファミリー事故の賠償請求において、弁護士の介入により計700万円以上の賠償金を獲得した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頸椎捻挫
腰部挫傷
両肩関節挫傷等
争点:
賠償金額(休業損害、逸失利益、慰謝料金額等)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 ①約200万円
②約270万円
③約100万円他、後遺障害につき自賠責保険から計150万円を受領
適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 治療中 14級9号 認定をサポート
※大人二名(①②)と、子供三名分(③)

交通事故事件の概要

信号待ち停車中のご依頼者様の車両に対し、加害車両が後方から追突した事案です。
ご依頼者様の車両には、大人二名、子供三名の計5名が同乗しており、その5名全員についてご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故車両の写真からも、加害車両は相当程度の速度で衝突してきたものと推察される事故でした。怪我の度合いはそれぞれ異なっており、大人二名の症状は強く、子供3名はそれよりやや軽症でした。
事故から間もない時期にご相談いただいたことで、症状の程度に応じた通院等もアドバイスしながら進めて参りました。
先に治療が終了した子供三名分の示談をまとめた上で、症状の重い大人2名の治療終了を待って、お二人につき後遺障害等級認定申請を行いました。その結果、二人ともに14級9号が認定されています。
その後大人二名分についても示談交渉を行った結果、上記の差引支払額を獲得することができました。
なお、①と②の金額の違いは主に休業損害の点によるものです。前者は仕事をほとんど休んでいないのに対し、後者は主婦業への影響について休業損害を請求しています。自賠責保険からの支給分を含めると、計700万円以上の獲得に成功した事案です。
いわゆるファミリー事故では、当事者が多数に及ぶことで事案も複雑になりますし、親は自分の治療に関する話し合いのみならず、子供の治療等についても相手保険会社との話し合いに対応しなければなりません。 適正な賠償の獲得を目指すことはもちろん、このような負担を軽減して治療に専念するためにも、早期段階で弁護士に一括して相談・依頼されることをお勧めいたします。

交通事故 解決事例一覧