事故態様から比較的軽度の人身障害と考えられる事案で、ほぼ当方提示額を通した内容で示談が成立した事例

左肩打撲症

被害者の症状:
頸椎捻挫
左肩打撲症
争点:
賠償額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償額 賠償金提示前 約179万円 金額提示前からの依頼

交通事故事件の概要

依頼者が4tトラックを運転中に信号待ちで停車していたところ、後続する相手方車両(軽自動車)に追突されたという追突事故態様でした。
依頼者は、治療が佳境に入った時点で、今後の相手方との交渉は弁護士に任せたほうが良いと考えられ、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者から事故後から相談時までの経過を聴取したところ、本件事故による依頼者の物損は、バンパーの損傷等にとどまり、修理費は合計約10万円で示談が成立していました。また、本件事故態様及び車両の損傷状態に対して、依頼者の通院頻度及び通院期間がやや多く、長くなりかけていました。
もし、本件が訴訟(裁判)で本格的に争われた場合、治療費について一部過剰診療であるとの反論や認定がなされるおそれがあると考えました。
そこで、担当弁護士は、依頼者の治療終了後、早急に診断書等の示談交渉に必要な資料を収集して、弁護士基準に照らして損害額を算出し、交渉に臨みました。
主に入通院慰謝料の金額をめぐる交渉となり、相手方の出し渋りがあったものの、粘り強い交渉の結果、当方の提示額に近い金額を支払ってもらう内容で示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧