否定されていた兼業主夫の休業損害を14級としては最高水準で獲得した事例

素因減額

後遺障害等級:
14級
被害者の症状:
腰痛
痺れ
争点:
素因減額
主婦休損
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 300万円以上 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 非該当 14級 異議申立てにより等級認定

交通事故事件の概要

追突事故により受傷し、半年以上の治療後も、腰痛や下肢の痺れが残存した事案でした。ご依頼後、異議申立てをし、14級の認定を得ました。相手方保険会社と交渉したものの、低額な賠償しか提示しなかったため、訴訟を提起しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

訴訟では、被告から、「腰仙移行椎」という特殊な素因をもとに素因減額の主張がされました。
また、主婦休損を請求していたものの、ご依頼者様は、パートタイムで事故前後にわたり就労していたことから、被告から、主婦休損が発生しないとの主張もなされました。担当弁護士は、海外文献も含めた医学文献を調査し、素因減額の対象とならないことを主張しました。
また、主婦休損についても、ご依頼者様の経済状況により就労を継続せざるを得なかったこと等を様々な証拠により主張立証しました。
その結果、素因減額もされず、適正な主婦休損による和解が成立しました。自賠責保険金を含めて300万円以上という、兼業主婦の14級事案では最高水準の解決になりました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頚部の疼痛等の神経症状
争点:
素因減額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 250万円
後遺障害等級 提示前 14級9号

交通事故事件の概要

追突事故で、頚椎捻挫の傷害を負い、治療をされているなかで、ご相談いただきました。治療を終え、後遺障害等級の認定申請をしたところ、非該当となってしまいましたが、診療録等を精査し、異議申し立てを行い、結果、後遺障害等級14級が認められた事案でした。本件は、後遺障害だけでなく、保険会社から素因減額20%の主張をされ、素因減額が争点となった事案でした。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

軽微追突事故であったことから、後遺障害等級が認定されにくい事案ではありましたが、ご依頼者様の症状を具体的に伺うと、嘘や大袈裟に仰っておられるような感じを受けませんでした。また、休業されずに痛みなどを我慢して働いておられました。保険会社は、仕事に戻れるのだから、軽微な事故だし、後遺障害は出ないでしょうという態度でした。仕事に戻れたから症状が軽いと主張してくる保険会社がたまにいますが、本当に失礼な話です。そこで、何とか適切な賠償を受けて欲しいと思い、診療録を精査し、異議申し立てをしたところ、無事に14級9号が認定されほっとしました。
ほっとしたのもつかの間、保険会社は、MRIで変性がみられることを理由に、今度は、20%の素因減額を主張してきました。また、収入が下がっていないことも付け加え、初回提示が100万円に満たないものでした。保険会社は、裁判例をもとに素因減額を強く主張してきましたが、本件は事案が異なるうえ、様々な要素が考慮されての判決であることを無視する主張でしたので、正直、呆れました。そこで、裁判所の事実認定を丁寧にご説明差し上げ、本件は、年齢相応の変性に過ぎず、どう考えても「疾患」にあたらず、およそ素因減額される事案でないことを理解させました。結果、保険会社は、素因減額の主張は撤回しました。収入が減少していないことについても、最高裁判例や下級審判例を丁寧に説明し、本件は、被害者本人の努力の結果に過ぎないことを理解させ、収入の減少がなくとも後遺障害逸失利益を認めさせることができました。
裁判でもないのに、保険会社にとって、もっとも有利な解釈・評価を前提に主張してくる保険会社も少なくありません。本件は、ご本人では、到底、太刀打ちできなかったと思います。もっともらしく裁判例を使ってくる保険会社には注意してください。

交通事故 解決事例一覧