追突事故の物損に関して修理費用30%相当額を評価損として加算する内容の示談が成立した事例

評価損

争点:
評価損
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0% 30% 評価損を認めさせることに成功

交通事故事件の概要

本件は、依頼者車両への単純な追突事故でした。
依頼者は、車両修理費の見積もり内容が低く、本件事故によりもらい損になるのではないかとご不安になり、ご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件では、賠償額増額に向けた交渉に臨んだところ、評価損が認められるか否かと評価損の計算方法が争いとなりました。
依頼者車両は、国産車であり、登録後1年以上が経過して、走行距離も長めでした。修理費用も高額とはいえなかったことから、相手方は当初、評価損を認めようとしませんでした。
そこで、担当弁護士は、依頼者車両と同型車両について、修復歴の有無別の市場価格の統計を基に、そこから算定される市場価値の低落の程度等がまとめられた資料を取得して、相手方に対し、依頼者車両の資産価値が下がるという明らかな損失が発生している点を粘り強く主張しました。
その結果、修理費用の30%という、裁判例に照らしても比較的高い割合の評価損を認めてもらう内容で示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
争点:
評価損(格落ち)
弁護士法人ALGに依頼した結果
評価損 0円 修理費用の20% 訴訟で評価損を請求

交通事故事件の概要

依頼者車両が信号待ちで停車していたところ、後続の相手方車両に追突されたという事故態様でした。
見積もりの結果、車両修理費が約100万円となったものの、依頼者はいわゆる評価損(格落ち)が認められるのではないかとの疑問を持たれたことから、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

依頼者車両は、人気のある高級外車であり、登録から約5年間が経過し、走行距離は約2万5000kmでした。破損は骨格にまで及んでいました。
担当弁護士は、相手方との示談交渉に臨み、依頼者車両は登録から多少年数が経っても人気があり、損傷状態からすると評価損が認められるべきと主張しましたが、相手方は認めなかったため、訴訟(裁判)を提起しました。
担当弁護士は、依頼者車両の価値に関する主張の他、証拠として自動車査定協会の事故減価証明書を提出する等の主張・立証活動を行った結果、修理費用の20%を評価損として支払ってもらう内容の和解が成立しました。

交通事故 解決事例一覧