公務員の逸失利益を主張し、当初提示額の5倍以上で解決した事例

逸失利益

後遺障害等級:
12級7号
被害者の状況:
右腓骨
脛骨骨折
争点:
逸失利益
慰謝料の金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 治療中 約820万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 12級7号 認定をサポート
過失割合 未定 5対95 より有利になるよう修正

交通事故事件の概要

ご依頼者の方は、自転車で横断歩道を青信号で渡っていたところを対抗右折車(四輪自動車)にはねられ、右足(腓骨・脛骨)を骨折された方です。事故から約半年後にご相談いただきましたが、治療は1年以上の長期に及び、症状固定とされた後も、可動域制限等の症状が残存してしまいました。
後遺障害等級12級7号の認定を受け、損害賠償金を請求したところ、相手保険会社はご依頼者様が事故前は公務員として稼働していたことから、特に逸失利益を強固に争い、さらに慰謝料についても低く算定して、わずか150万円という寡少な提示をしてきたという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼を受けた後、弊所は治療中は治療費支払いに関する交渉を担い、治療終了後は速やかに後遺障害等級認定申請を行いました。その結果、無事12級7号の認定を受けることに成功したのですが、相手保はご依頼者様が公務員として稼働していたことを主張し、わずかな金額しか支払わないと主張してきました。たしかに公務員の逸失利益は否定的に解される場合もありますが、積極に解する裁判例もありますし、何より本件は、事故後退職を余儀なくされているという事案でしたので、そのような低額での解決を受け入れることはできませんでした。

話し合いでの解決を模索したものの、相手保の担当者は寡少な金額に固執したため、交渉は決裂と判断し、次の手続に移行することにしました。本件は弁護士特約のない事案だったので、訴訟費用や印紙代等の負担等を考慮して紛争処理センターを利用することとし、約4カ月の折衝の結果、相手保の当初提示額から約5.5倍という金額で、無事解決することに成功しました。

後遺障害等級が認定されるような事案では、相手保険会社の提示金額をそのまま鵜呑みにすると、本来得られるはずの賠償額よりはるかに低い金額となってしまう場合もありますので、一度弁護士に相談してみることを強くお勧めいたします。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の症状:
腰痛
痺れ
争点:
素因減額
主婦休損
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 300万円以上 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 非該当 14級 異議申立てにより等級認定

交通事故事件の概要

追突事故により受傷し、半年以上の治療後も、腰痛や下肢の痺れが残存した事案でした。ご依頼後、異議申立てをし、14級の認定を得ました。相手方保険会社と交渉したものの、低額な賠償しか提示しなかったため、訴訟を提起しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

訴訟では、被告から、「腰仙移行椎」という特殊な素因をもとに素因減額の主張がされました。
また、主婦休損を請求していたものの、ご依頼者様は、パートタイムで事故前後にわたり就労していたことから、被告から、主婦休損が発生しないとの主張もなされました。担当弁護士は、海外文献も含めた医学文献を調査し、素因減額の対象とならないことを主張しました。
また、主婦休損についても、ご依頼者様の経済状況により就労を継続せざるを得なかったこと等を様々な証拠により主張立証しました。
その結果、素因減額もされず、適正な主婦休損による和解が成立しました。自賠責保険金を含めて300万円以上という、兼業主婦の14級事案では最高水準の解決になりました。

交通事故 解決事例一覧
被害者の症状:
死亡事故
争点:
死亡による逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
逸失利益・死亡慰謝料 未定 約2300万円 適正な金額を獲得

交通事故事件の概要

本件は、歩行者が自動車に衝突されて亡くなったという死亡事故であり、御遺族の悲嘆が誠に大きい事案でした。

御遺族は、先に約2300万円を受領することができましたが、残りの損害賠償金額については、相手方保険会社との交渉が必要でした。死亡事故に伴い発生する損賠賞金の主な内訳は、①死亡による逸失利益、②死亡による慰謝料が挙げられるところ、本件の場合、特に①の金額について、保険会社と見解の相違がありました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

死亡による逸失利益は、様々な争点があり得ますが、本件の場合、㋐年金を逸失利益に含めることができるか否か、㋑逸失利益の算定期間を何年とするかという点について、保険会社と見解が対立したため、交渉には時間を要しました。

弁護士は、㋐について自賠責支払基準や裁判例を指摘して、年金の逸失利益性が認められるべきである旨を指摘しました。㋑については、最新の統計に基づいて平均余命を計算することにより、算定期間を長くすべきである旨を指摘しました。最終的には、保険会社がこれらの指摘をほぼ受け入れた結果、総額で約2300万円弱(死亡による慰謝料を含みます。)の損害賠償金を受領するという示談を成立させることができました。

本件のように損害賠償金が高額の事案については、相手方保険会社と見解が対立することは珍しくないため、御遺族が民事訴訟を提起せざるを得ない場合があります。

しかし、家族を失った御遺族にとって、保険会社との交渉は心理的な負担が大きい上、民事訴訟を提起した場合には更に負担が大きくなるかもしれません。弁護士としては、種々の資料や裁判例を調査して保険会社との交渉を行うことにより、御遺族の負担を少しでも軽減することができればよい、と願っています。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
12級13号
被害者の症状:
TFCC損傷
争点:
休業損害
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 約720万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 12級 認定をサポート

交通事故事件の概要

ご依頼者様が、駐車場から道路に出ようと停車していたところ、後ろから追突されたという事案でした。ご依頼者様は、事故により、TFCC損傷等の傷害を負われました。

保険会社より、一括対応の打ち切りを打診されたところで、ご依頼いただき、示談交渉等をお手伝いさせていただきました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件の争点は、休業損害と逸失利益でした。ご依頼者様は事故前年度が赤字申告であったため、基礎収入がいくらとなるかが問題となりました。

ご依頼者様に生活状況を聞くと、お子様と二人暮らしであることが分かったため、主夫として、賃金センサス(女性・全年齢平均)と同程度の基礎収入が認められる旨の主張を行いました。

結果、賃金センサス(女性全年齢平均)と同程度の基礎収入があることが認められ、治療の間の休業損害及び逸失利益が認められました。

仕事の状況より、休業損害や逸失利益が認められないのではないかと思われる場合でも、弁護士が介入することにより、適切な金額を得ることができた事案ではないかと思います。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頸椎捻挫
争点:
入通院慰謝料
後遺障害等級
逸失利益
後遺障害慰謝料
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償額 83万円 203万円 120万円増額
後遺障害等級 認定前 14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

依頼者が片側一車線道路を走行していたところ、前方の車両が急ブレーキを踏んで減速したため、依頼者も急ブレーキを踏んだところ、後続の相手方車両に追突され、玉突き状に前方車両へ衝突したという事故態様でした。相手方は、本件事故当時、携帯電話を操作しており、前方不注視の状態でした。
依頼者は、頸椎捻挫の傷病を負い、一定期間の通院治療を受けることとなりました。
事前認定を受けた結果、後遺障害等級は非該当でした。
その後、相手方から損害案が提示されたものの、提示案が適切な内容か否かの判断がつかず、専門家の助力の必要性を感じられ、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、相手方の賠償案等を検討したところ、入通院慰謝料が低水準の内容であり、医療記録等の資料を見ると後遺障害等級が認定される余地がありました。
そこで、担当弁護士は、先に異議申立てを行い、その結果を踏まえて賠償額の交渉を行う方針決定をしました。
異議申立ての準備として、本件事故による追突の衝撃が大きかった点、事故後の依頼者の症状の出現時期、治療期間の長さから、依頼者の頸椎捻挫の症状は後遺障害等級14級9号に該当する旨の意見書を作成し、提出しました。
異議申立ての結果、頸椎捻挫の症状について「医学的に説明可能な痛みやしびれなどが持続している」と評価され、後遺障害等級14級9号が認定されました。
担当弁護士は、後遺障害等級の結果を踏まえ、弁護士基準に照らして賠償額を算出して相手方に提示しました。特に、後遺障害逸失利益については、労働能力喪失期間が争いとなり、依頼者の仕事内容、現在の症状等を説明し、依頼者が長期にわたり労働能力を喪失している点をしっかり主張しました。
こうした交渉の結果、後遺障害逸失利益は当方提示額が認められ、最終的に、既払分を除く約203万円の賠償金を支払ってもらう内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
肩関節部の捻挫
争点:
逸失利益(労働能力喪失期間)
後遺障害等級認定
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 400万円 賠償金提示前のご依頼
後遺障害等級 認定前 14級9号 等級認定前のご依頼

交通事故事件の概要

依頼者は、本件事故により治療を受けていたところ、相手方の対応が悪いと感じたため、弁護士に交渉等を任せたいとお考えになりました。そこで、弊所にご相談いただき、ご依頼を頂戴することとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、依頼者から事故後の経過を聴取したところ、相手方(保険会社の担当者)は、不合理な過失割合の主張をしたり、依頼者の症状は軽微なむちうちだと決めつけ早く治療を終えて欲しいと言ってきたりする等、配慮を欠く対応をしていました。
担当弁護士が相手方と連絡を取ってみるも、「相手方本人が過失がないと言っている」、「保険会社の顧問医がもう症状固定時期だと言っている」と述べるばかりで、話し合う姿勢を見せませんでした。 そのため、担当弁護士は、依頼者に、相手方が早期に治療費の負担を打ち切る可能性が高いため、自費通院をしつつ、後から清算を図っていくことになる可能性があると話しました。相手方は、事故後3ヶ月で治療費の負担を打ち切りました。
その後、依頼者に、健康保険を使った自費通院を6ヶ月程度続けてもらった後、後遺障害等級認定の申請を行い、14級9号が認定されました。それでも相手方は交渉に応じないだろうと予測していたので、この段階で訴訟(裁判)提起をしました。
担当弁護士は、訴訟において、症状の程度、治療内容、画像所見、仕事への影響等について、具体的かつ客観的な証拠資料を提出して主張立証した結果、裁判所は、逸失利益について労働能力喪失期間を67歳までと認めました。それを踏まえ、総額で400万円の賠償金を支払ってもらう内容の和解が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
11級→10級の加重障害
被害者の症状:
歯牙欠損など
争点:
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害逸失利益 0円 逸失利益5% 喪失率7年 一部の逸失利益を獲得

交通事故事件の概要

依頼者は歩行中に相手方車両に轢過され、歯が折れる等の傷害を負いました。
そして、事前認定の結果、歯牙欠損について、既存の歯牙障害の存在を前提とした加重障害として、後遺障害等級10級相当の認定を受けました。
これを受け、相手方から賠償案が提示されたものの、逸失利益は0円とされていました。依頼者は、この内容に納得がいかず、専門家の助力の必要性を感じられたため、弊所にご相談いただき、ご依頼を頂戴することとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、一般に歯牙障害を理由とする逸失利益は認められにくいものの、依頼者の業務内容が肉体労働であり、歯を食いしばる機会が多いことから、歯牙障害による業務への影響が大きいと具体的に主張しました。
その結果、一部ではありますが、労働能力喪失率を5%、労働能力喪失期間を7年とする内容で逸失利益が認められ、示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
被害者の症状:
頚椎捻挫
胸椎捻挫
腰椎捻挫
両手関節捻挫
争点:
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約312万円 約505万円 約193万円の増額

交通事故事件の概要

本件は、依頼者(自営業者)がジョギングしていたところ、相手方車両(軽自動車)に轢かれたという事故態様でした。
依頼者は、頚椎捻挫の診断を受け、通院治療を受けることとなりました。依頼者は、治療途中で専門家の助力の必要性を感じられたため、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴することとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が、依頼者から事故後の経過を聴取したところ、当初は頚椎捻挫としか診断されていませんでした。もっとも、依頼者は事故時の記憶がない一方で、全身の痺れと痛み、視力低下等といった症状を強く訴えていたので、整形外科や眼科等を受診し、しっかり診てもらうよう助言しました。受診したところ、依頼者は頚椎捻挫のみならず、胸椎捻挫、腰椎捻挫、両手関節捻挫等の傷病を負っていたことがわかりました。そこで、被害者請求により後遺障害等級認定申請を行った結果、後遺障害等級併合14級が認定されました。
次に、相手方との賠償額の交渉に臨みました。依頼者は自営業者であり、確定申告上の所得金額について、固定経費が差し引かれる等されていたため、実際の所得より低い金額が記載されていました。そのため、休業損害の基礎収入額の扱いが争われました。
相手方は当初、固定経費等が差し引かれた確定申告上の所得金額を基に、80万円程度の賠償額を提示してきました。そこで、担当弁護士は、依頼者の過去3年分の税務相談書帳簿を調べたり、類似事例の裁判例を比較検討したりする等して、依頼者の基礎収入額を算出し、それを基に交渉しました。
こうした交渉の結果、休業損害は約20万円増額し、後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料は約90万円の増額となり、最終的に相手方が当初提示した賠償額から、約193万円増額する内容で示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
争点:
逸失利益

交通事故事件の概要

依頼者は、長年無職の状態が続き、内定もない状態で交通事故に遭われました。
一定期間の治療を経た後、後遺障害等級の認定がなされたのですが、相手方から賠償案が出された際、長期無職者であったことから逸失利益がないと言われた点が問題となりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が賠償額の交渉に臨んだところ、相手方は依然として事故時点で内定すらなかった以上、後遺障害逸失利益は認めがたいと答えてきました。
担当弁護士は、逸失利益は休業損害のように現に休業した点を問擬しているのではなく、後遺障害によって将来の就労に関して支障をもたらされた点を議論しているのだから、内定があったか否かだけで決まるものではないと、相手方の主張を排斥しました。
その上で、依頼者の状態や今後の見通し等を、客観的な資料を用いて説明した結果、賃金センサスの平均賃金に近しい金額を基礎収入とする、後遺障害逸失利益が認められる内容で示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧
後遺障害等級:
14級9号
争点:
逸失利益(基礎収入額)

交通事故事件の概要

依頼者の事故態様は、信号のない交差点へ低速度で進入したところ、交差道路から前方不注視で交差点内に進入してきた相手方車両と衝突されたというものでした。
依頼者は、事故後通院治療を開始して1ヶ月経過した頃には、相手方との交渉に疲れてしまい、専門家による助力の必要性を感じられ、弊所がご相談を受け、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が依頼者から事故後の経過を聴取したところ、物損は示談が済んでいるとはいうものの、車両保険を使っており、どうせ保険料が上がるなら過失割合はいくらでもいいと考え、相手方の言い値で依頼者:相手方=3:7として示談をしていました。また、依頼者は自営業者でしたが、確定申告をしていませんでした。
担当弁護士は、依頼者に対しては治療に専念してもらうよう助言し、通院治療を終えた後、後遺障害等級認定申請を行った結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。
休業損害については、依頼者が確定申告をしていなかったうえ、会計はいわゆるどんぶり勘定だったことから、実際の収入を説明することは難しい状況でした。相手方の休業損害の提示は0円でした。
過失割合と依頼者の基礎収入を色々なパターンで検討した結果、過失割合は3:7のままで、基礎収入やその他の賠償額を向上させるほうが得になる状況でした。
そこで、過失割合の修正に拘らず、賠償額をそれぞれ増額させる方針を取りました。 交渉の結果、過失割合による減額前の賠償額の値は弁護士基準どおりとなり、通院慰謝料は約120万円、後遺障害慰謝料は110万円、後遺障害逸失利益は基礎収入について賃金センサスの全男性平均賃金を基に約120万円となりました。

交通事故 解決事例一覧