賠償金額、労働能力喪失において弁護士の粘り強い交渉の結果、約200万円以上増額した事例

併合12級

後遺障害等級:
併合12級(12級1号+14級相当)
被害者の症状:
外傷性視神経障害
水晶体偏移・調節障害
争点:
賠償金額(労働能力喪失の程度、期間、基礎収入等)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 提示前 約1100万円自賠責保険から別途約220万円を受領 示談金提示前のご依頼
後遺障害等級 申請前 併合12級 申請前のご依頼

交通事故事件の概要

センターラインオーバーの加害車両が正面衝突、被害車両の助手席に同乗していたご依頼者様が顔をエアバッグに打ち付け、片目に怪我を負った事案です。
症状固定を間近に控えた時点でのご相談でしたが、片目の調節機能低下と羞明が残存していました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

まずは資料を取り付けた上で、後遺障害等級の認定申請を行い、上記等級の認定を得た後速やかに、相手保険会社との交渉を開始しました。
相手保険会社との交渉では、特に逸失利益の点で金額に大きな開きがありました。
受傷状況等に鑑みると、訴訟に移行した場合はシートベルトの有無や過失割合が争われる可能性もありましたが、これも踏まえた上で、回復の見込みに関する点の他、年少女子の場合、全労働者の平均賃金を基礎収入とすべきと判断した裁判例の存在等を指摘して粘り強く交渉した結果、相手保険会社の当初主張額から200万円以上増額した上記金額にて示談成立に至ったものです。

交通事故 解決事例一覧