暴行罪で速やかに賠償するために示談し刑事事件化を免れた事例

暴行罪で速やかに賠償するために示談し刑事事件化を免れた事例

依頼のタイミング
刑事事件化する寸前
事件・罪名
暴行
弁護士法人ALGに依頼した結果
刑事事件せず終了

事件の概要

依頼者様は、接客業に従事する女性の太腿を叩きました。これにより被害者の女性の太腿には赤みが出ました。また、恐怖でしばらく仕事をできなくなるという損害が発生しました。

弁護士方針・弁護士対応

刑事事件化するのを未然に防ぐために、被害者と示談することが肝要でした。速やかに損害を賠償するために、相手方及び相手方の勤務する会社の代表と協議をすることにしました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

弁護士の交渉の結果、無事合意が成立したため、刑事事件化することを免れました。

刑事弁護は逮捕・勾留等の刑事手続の流れにのってからが本番と思われがちです。もちろんそれを否定するつもりはありません。しかし、一旦刑事手続の流れに乗ってしまうと、その流れは簡単には止められません。長期の逮捕・勾留によって仕事や家族を失うことも珍しくありません。 刑事弁護で本当に重要なのは初動です。いかに刑事事件化する前に当事者間で解決するかが重要です。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る