介護事業

高齢化社会の日本においては、介護事業はとても重要な事業であるにもかかわらず、やはり、低賃金、長時間労働となっている事業所が多い印象です。人員配置について法律で規制されており、採用難の業界としては、どうしても一人の負担が大きくならざるを得ないのだと思います。しかも、ストレスフルな仕事であることから、メンタルヘルスの問題も多い業界です。また、人件費が安いという理由で非正規労働者を多用している事業所も多い印象です。このような状況では、いずれ行き詰まることが予想され、抜本的な改革を推し進める必要性が高い業界だといえます。

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

お問い合わせ