解雇を避けるため勾留されないようスピーディに解決した事例

解雇を避けるため勾留されないようスピーディに解決した事例

依頼のタイミング
逮捕中
事件・罪名
強制わいせつ未遂罪
弁護士法人ALGに依頼した結果
執行猶予判決

事件の概要

本件は、被害者女性が住むマンション敷地内で、女性を脅したうえ、わいせつな行為をさせようとしたところ、被害者女性に抵抗され未遂に終わった強制わいせつ未遂事案で、防犯カメラ映像などが手掛かりとなって逮捕されたため、親族が弊所へご相談に来られました。弊所弁護士が対応させていただくことになりました。

弁護士方針・弁護士対応

相談をお聞きした直後に、まずは、接見に向かいました。被疑事実に間違いはないということで、取り調べでは全て正直に話しをされていました。いわゆる認め事件です。

お仕事は会社勤めで、逮捕が長引くと解雇もありえることから、何よりも勾留をさせないようにしなければなりません。接見したのが逮捕から2日目でしたので、検察官の勾留請求まで時間があまりなく、急ぎで意見書を準備し、担当裁判官と面談のうえ、如何に罪証隠滅や逃亡の恐れがないかを説明するなど、勾留請求却下に向けてスピーディーに対応することとなりました。

弁護士法人ALG&Associates

福岡法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

結果、検察官の勾留請求は却下され、無事に仕事も解雇されることなく続けることができました。

被害者からお許しはいただけませんでしたが、最終的には執行猶予判決となりました。

前科もなく、未遂事件で事実関係を認めて反省していることからすれば、執行猶予判決となることは想定の範囲内でしたが、本件は、勾留されずに済んだことで、仕事を失わずに済んだことが良かったと思います。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る