ビル内への建造物侵入事件が不起訴処分に至った事例

ビル内への建造物侵入事件が不起訴処分に至った事例

依頼のタイミング
逮捕中
事件・罪名
建造物侵入
弁護士法人ALGに依頼した結果
不起訴処分

事件の概要

ご本人(20代男性・学生)が、ビル内に侵入した直後、通報により到着した警察官に現行犯人として逮捕されました。

弁護方針・弁護士対応

親族からALG福岡支部への依頼があったため、弁護士は即日でご本人と接見した上、検察官に意見書を提出しました。
さらに、弁護士は、裁判所に意見書を提出して、勾留の要件を満たさないことや、勾留の必要性がないことを主張したところ、検察官の勾留請求は却下されました。
そして、ご本人は釈放されました。
弁護士は、これと同時並行で、担当警察官を介してビル管理者と連絡を取り、示談交渉を開始しました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・刑事事件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士の交渉の結果、ビル管理者の被害届を取り下げてもらうことができました。
その後、弁護士は、検察官宛ての意見書を提出し、不起訴処分を求めました。
最終的に、検察官は、この事件を不起訴処分にしました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る