身柄拘束からの早期解放と、不起訴処分を獲得した事案

身柄拘束からの早期解放と、不起訴処分を獲得した事案

依頼のタイミング
身柄拘束中
事件・罪名
偽計業務妨害
弁護士法人ALGに依頼した結果
身体拘束からの解放(勾留決定に対する準抗告認容)
不起訴処分

事件の概要

本件は、「機械を誤魔化して支払いを免れた」、という疑いをかけられた事案です。※特定を避けるため、事案はデフォルメしています。被害金額は数十万円程度とされていました。

弁護士方針・弁護士対応

勾留決定に対し、速やかに準抗告を申し立てました。

これが裁判所に認められ、受任翌日には釈放されました。

さらに、被害者との示談を試みましたが、刑事手続が確定するまでは被害金も受け取らないとの意向が強く、こちらは断念せざるを得ませんでした。

その後は、取り調べや今後の方針等について適宜ご依頼者様と協議し、さらに、嫌疑不十分等を指摘する内容の、検察官宛の意見書を作成するなど、弁護活動を行いました。

弁護士法人ALG福岡法律事務所・刑事事件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護活動が奏功し、ご依頼から約2ヵ月後、不起訴処分が下されました。 不起訴処分が下された後、弊所にて被害者との示談も成立させ、民事上も解決させています。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る